ルーちゃんと手をつないで。

妊活、妊娠、出産、そして未熟児で生まれ少し発達の遅いルーちゃんのこと。

【2歳11ヶ月】伸びていく息子と揺れる母心。

ご無沙汰しておりますエイミーです。

さいきんめっきり放置状態のこのブログ…^^;

やめてもいいような気がするけど、どうしよ。

 

とりあえず最近のことについて徒然に書きます。

 

ルーちゃん、4月から療育の教室の母子分離がはじまり、

予想以上に順調にやってます。

別れるときはやっぱり泣きますが、その後はかなり頑張っているようで、

迎えに行くと笑顔で帰ってきます(◍•ᴗ•◍)

頑張っている反動か、最近ママにべったり気味。

今までパパとお風呂に入ってたのに、ママとしか入らなくなりました(笑)。

でもその程度。かなり順調です。

 

言葉の面もだいぶ伸びてきて、二語文もいろい出ています。

毎日毎日口癖のように言っているのは

「でんちゃ(電車)のりたい」

ほぼ毎日乗せてますが、いっこうに満たされない欲望(笑)。

否定文も出てくるようになり、

「おいしくない」「いらない」「いかない」

立派に反抗しています(笑)。

また語尾に「〜よ」「〜の」をつけるようになり、

「〜行きたいの」「〜したいよ」「〜会いたいの」

なんだか可愛いです(✿´ ꒳ ` )

歌を歌ったり、踊ったりも下手くそですがだいぶするようになりました。

以前より情緒も安定してきて、泣いても怒っても訳が分からなくなるようなレベルではなく、気持ちの切り替えが上手になってきた気がします。

 

3歳を目前にしてだいぶ幼児らしくなってきました。

もちろん周りの子を見ると全然できることのレベルが違うし、

やはり1歳分くらいは成長が遅れているのだと思います。

 

それでもこの調子で伸びてくれたら、1年後の幼稚園入園の時期までには

どうにかなるんではないか(どうにかって曖昧だけど笑)、

そして幼稚園を3年間過ごすうちに、

もしかしたら普通の子の成長に追いつくんじゃないか、

というほのかな希望を抱いてしまいます…。

 

ルーちゃんは、一体この先どうなっていくんだろう。

それが一番心配だけれど、それが一番わからない。

 

この前、療育で他のお母さんと進路の話をしていて、

「ルーくんは○○学園(知的障害の子の学校)に行くの?」

と突然聞かれて、

それを聞いた他のお母さんが

「言葉も出てるから、ルーくんなら支援級でも大丈夫じゃない?」

と。

正直、私は幼稚園以降の進路をまだ全然考えていなくて、

そう他の人に言われてドキっとしました。

それはきっと心の中で、小学生になる頃には周りに追いついて

普通の小学校に通えるんじゃないかと期待していたから。

まさかそう思ってるなんて他の人には言えないけれど。

将来がよく見えない状態というのは、なかなか精神的に辛いところがあります。

そして多分あと数年、小学校が決まるまではこんな状態が続くと思う。

 

できるだけ、伸びていってほしい。

もし伸びなくても、あまり落ち込まないようにしよう(私が)。

周りの子に追いついてくれたら本当に嬉しいけれど、

追いつかなくてもルーちゃんが毎日楽しく過ごせればそれでいい。

だから、あまり悩まずに、一日一日を楽しく過ごしていこう。

まだ大丈夫、

今日も楽しかった。

今日もルーちゃんは可愛かった。

今日もルーちゃんはできることが増えた。

そう一日一日を過ごしている。

 

いつか、

どうしても辛くてたまらない日々がやってくるのだろうか。

どうかそんな日がやって来ませんように。