ルーちゃんと手をつないで。

妊活、妊娠、出産、そして未熟児で生まれ少し発達の遅いルーちゃんのこと。

【2歳1ヶ月】ルーちゃんの通う療育について。

こんにちはエイミーです∩( ´∀` )∩

無事ギプスが外れたので、また療育通いを再開しました!

 

どんな感じなのか気になる方もいるかもしれないので、

いまルーちゃんがやってる療育について書いてみます。

 

ルーちゃんが通っているのは、小児療育病院。

割と大きめの病院なので、年齢もさまざま(小児病院なので中学生まで?うちの子は一番チビな方です)、症状もさまざま、いろんな子が通っています。

 

訓練はマンツーマンなので、他の子たちとは待合室や廊下やおもちゃ部屋(空き時間に遊べるおもちゃの部屋があります)でしか会わないのですが、

中には車椅子の子や、寝たきりでチューブが身体についてるような子もいます。

よその子と比べたりするのはどうかと思うけれど、

まだちゃんと歩けないにしても、自分の自由に動き回れるうちの子なんて、全然恵まれてる方なんだなって思ってしまいます…。

ご家族の方の苦労も、私なんかと比べ物にならないんだろうなぁと…。

 

 

あ、話を戻しますが、

ルーちゃんはその病院で、PT(理学療法)を週に1回、OT(作業療法)を隔週で1回、ST(言語)を月に1回を受けています。

一コマ40分。多い日にはPT、OT、ST、3つ続けて受けるので、計120分。2歳児にしては結構頑張ります(笑)。

 

PTの先生はおそらく私よりは若そうな、穏やかな男の先生。

主に歩行について訓練します。

とは言っても、歩行器で歩く練習をしたのは一回だけ(笑)。

しかも嫌がって大泣きしたので、数分で終了しました(笑)。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31xP5N1xD7L._QL70_.jpg

正確にはこれと同じではないですが、こんなタイプのやつ。

これ、Uの開いている方を前にして歩かせるんです!

逆向きだったらスイスイ歩けた気がするんですけど、自分の前が開いているとやっぱり恐怖感あるんだろうな(^^;)

 

あとは大きなバランスボールみたいなものを押させたりとか←あまりやってくれない

少し負荷のかかるものを前に押すという、それっぽい練習もするんですが、

 

基本的には机に座らせて、いろんなおもちゃで遊んでいます(笑)(^◇^;)

 

それも何か特別なおもちゃではなく、普通におもちゃ屋さんで売っているような、

アンパンマンのやつとか、ボタンを押すと何かが飛び出たり、ボールを穴に入れるとグルグル回ったり、おもちゃが坂を転がったりするやつ。

 

その間、先生は身体のバランスを見たり、筋肉の状態を見たり、

身体をあちこち触って、今の状態をいろいろ説明してくれたりもしますが、

 

あとの時間はそのおもちゃを正しく使って集中して遊ぶ、ということが訓練になっている気がします。

 

子どもというのは(うちの子だけ?)意外とすぐにおもちゃに飽きてしまったり、机から脱走したり、おもちゃを違う使い方をして正しく遊べなかったりするもので、

逃げ出したのを机に戻し、「ほら、ここをこう押すんだよ!」「そうそう!できたね!上手だね!じゃあもう一回やってみよう!」ってなだめて教えて褒めての繰り返し。

そうしている間に、

以前より長く机に座っていられるようになり、同じおもちゃでじっくり遊べるようになり、はじめてのおもちゃの使い方もすぐに覚えられるようになってきた気がします。

 

ここで教えられるまで、家ではこんなにじっくりと1つのおもちゃに向き合わせて遊ばせたことがなく、

きちんと机に座ってじっとするとか、

1つのことに集中するとか、

人の説明をちゃんと聞くとか、

よく考えたら保育園や幼稚園で集団生活をするためにはとても必要なことで、

そのための訓練をしていたのかーと今更ながら気づきました(O_O)

 

そのおかげなのか、家でも自分から椅子に座ることが多くなってきたし(それでも食事中に椅子の上に立ったりするけど)、以前よりひとつのことに集中して遊べるようになった気もするし、

早くも療育の効果が出てきたかも!って驚いてます。

もちろん周りの子に比べたら、まだ全然落ち着きないし、不器用だし、赤ちゃんですが(笑)。

 

いまはまだ小さいせいか、OTもSTもやっているのはこれとほとんど同じような内容です。

 

STではまず発達心理のテストを2日に分けて受けました。

以前別の病院で受けて、「これからも発達は周りの子に追いつかない」と言われた例のテストです(笑)。

 

多分、問題なく発達している子は受けることがないと思うんですが、

一歳半健診で積み木を積ませたりしますよね、そういうチェック項目がズラーっと表のようになっていて、

道具を使ったり、受け答えをして、何ができるかできないかを細かくチェックしていきます。

 

例えば、

車のおもちゃを走らせて遊ぶか、

小さいものを指でつまめるか、

瓶を回して開けられるか、

というようなことです。

 

今回は前回よりも落ち着いていろんなことができたように思うので、結果も少しよくなったかなと期待してしまう私なのですが(笑)、

結果は次の医師の診察のときに合わせて聞くらしいので、2週間後です。

そのときに障害についてもきちんと聞いてみようと思っています。

 

OTとSTは若い女の先生で、ルーちゃんもよく懐いてます(笑)。

PTの男の先生でも全然何の問題もないのですが、若くて優しい女の先生の方がルーちゃんのテンションが上がっている気がする(笑)。さすが男子!

 

と、こんな感じで、主におもちゃで遊んでいるだけなので、割と楽しく療育に通っています(o^^o)

当初悩んでいた交通手段に関しては、路線バスを二台乗り継いで、約1時間かけて通うことにしました。

ルーちゃんはバスに乗るのが大好きなので、それも楽しい時間みたい。

週一でも通う場所があると、私としても生活にリズムがついて丁度いいかもなんて思っています。

 

以上、ルーちゃんの療育レポでした(=^x^=)