エイミーの妊娠出産育児研究室

妊活、妊娠、出産、そして未熟児で生まれ少し発達の遅いルーちゃんのこと。

【1歳6ヶ月】ルーちゃん、夜間断乳を強行される。

みなさまお久しぶりですエイミーです。

最近めっきりブログの更新怠ってます。

ほんと育児って自分の時間ないですねっ!!ハハっ!!

 

更新できないのは、ブログの存在を夫に秘密にしているのと(バレてるかもしれないが)、パソコン開くとルーちゃんが自分の動画を見せろと猛烈に邪魔してくるせいもありますが。

f:id:aimee33:20171213145506j:plain

いつまで我が子の写真をネットにアップするかも悩みどころ。

 

本題に入りますが、

1週間ほど前から、

 

夜間断乳はじめました。

 

わたしとしましては、

授乳のため夜中に数回起きるのも習慣になればそれほど辛いわけではなく、

1歳半の現在でも1日10回以上(多い時では15回くらい)おっぱいをしゃぶっているおっぱい命の我が子に合わせ、自然と卒乳するまで気長待つのもやぶさかではなかったのですが、

どうやらそうもいかなくなりまして。

 

あ、妊娠したわけじゃないです(安心して下さい、セックスレスですよ!)。

 

先日、数ヶ月おきのフォローアップ健診で大きな病院に行ったんです。

毎回毎回言われることなので慣れてるんですけど、今回もまた

体重が軽すぎると先生に指摘されまして…。

ちなみに現在ルーちゃん、76.8cmの7.59kgです。

 

そして先生、こうおっしゃりました。

「身長が伸びているからいいものの、こんな体重じゃ栄養失調だよ。7kgなんて4〜5ヶ月の体重だからね」

 

え、栄養失調…(´⊙ω⊙`)

 

栄養失調!?

 

あ、もちろん本当に失調しているわけではなく、先生は体重が軽すぎるという意味でその言葉を使ったんだと思いますが、私は一瞬その言葉にボーゼンとしてしまい…。

 

だって一応ゆっくりだけど体重は増えているし、

全然食べなかった一時期よりはよく食べるようになったし、

一応栄養も考えて(主に納豆、ほうれん草、豚ひき肉だけど)食べさせてるのに、

 

栄養失調って…(ToT)

 

その言葉の響きにショックを受け、

健診後わたしはひとり一大決心をし、ルーちゃんにこう呟きました。

 

「ルーちゃん…いっぱい食べて大きくならないといけないから、もうおっぱいにバイバイしよっか…

 

そう言った途端に、

目からぶわっと溢れて出る涙。

そのときわたしははじめて気づいたのです。

 

おっぱいをやめたくないのはわたしの方だったんだ。

周りの子たちよりも体も小さくて、成長もすごくゆっくりだけど、

そんないつまでも赤ちゃんっぽいルーちゃんをわたしは可愛いと思ってたんだ。

早く周りの子たちに追いついてほしい、早く成長してほしいと思いつつ、

本当はいつまでも赤ちゃんでいてほしかったのはわたしの方なんだ。

 

おっぱいを飲んでいるルーちゃんの可愛い姿がもう見られないなんて。

おっぱいをくわえながら上目遣いでわたしのことをじーっと見て、

片手でおっぱいを触ったり、わたしの髪や服をひっぱったり、

お腹がいっぱいになると口を離してニコーっと笑う。

この時間はママだけの特権。

それがなくなってしまったら、もうこの子は赤ちゃんから卒業してしまって、

もう赤ちゃんのルーちゃんとは一生お別れなんだ。

そう気づいたら寂しくて寂しくて、涙が止まらん。

 

でもおっぱいをやめたらご飯をいっぱい食べるようになるよとみんなが言う。

栄養失調なんて言われるのもいやだし、

もう少しいっぱい食べるようになってほしいから、やっぱり

 

断乳か…。

 

 

いやいや、無理(ToT)!

わたしも無理だし(気持ち的に)、1日10回以上飲んでるルーちゃんだって急には無理なはず。

いきなりおっぱいなしで過ごすなんて、どれだけグズるか想像しただけで恐ろしいよ!!

 

ということで間をとって、

 

手始めに夜間断乳でいこうということになりました。

夜におっぱい飲まなければ、お腹が空いて朝ごはんの量が増えるかもしれない!

 

夜間断乳についてネットで調べると、要点は

●いくら泣いても絶対おっぱいあげないという強い覚悟が必要。

●おっぱいで寝かしつけのきっかけを作ってはダメ。

●ママの抱っこではおっぱいの匂いがしてグズるかもしれないから、パパの協力が不可欠。

●一度はじめたら途中でやめない(頑張って泣けばおっぱいもらえると勘違いしてしまい、さらに断乳が難しくなるから)

と、こんな感じかな。

 

パパの協力が必要ということで、できれば会社が冬休みに入ってからはじめたかったけれど、そうも言ってられない状況なので、

 

早速その日の夜から決行しましたd( ̄  ̄)

 

1日目。

最終おっぱいから1時間半後くらいに、ゆらゆら抱っこで就寝。

しかしその30分後くらいに起きる。

ここでおっぱい投入すればすぐに寝てくれるところを、抱っこで寝かしつけしようとすると、案の定おっぱいくれよとギャン泣き(~_~;)

パパに交代し、ゆらゆら抱っこで寝かしつけに30分。

その後、今度は朝の4時に覚醒!

やはり抱っこではすんなり寝てくれず、泣き声を聞きつけた夫、隣の部屋から出動。

今度は寝かしつけに1時間ほど要しました(_ _).。o○

そして朝の8時半に起床。もう親の方も限界なのでここで授乳。

本当は授乳せずに朝ごはんと行きたかったけど、多分お互いにこれが限界(笑)。

朝ごはんの進み具合はまぁまぁといったところ。

結局、夜中起きたのは2回。

10時間半ほど授乳間隔が空き、上々のスタートに思えましたが…。

 

2日目。

就寝後、夜中の2時、5時、7時半に起きて、その度にパパ出動。

それぞれ寝かしつけに15〜30分ほどかかる。

朝の9時半に起床、すぐ授乳。11時間ほど授乳間隔は空きました。

ここにきて夫、寝不足でダウン。会社を半休。

平日にこんなこと始めて申し訳ない!

 

3日目。

最初の寝かしつけでグズって就寝が12時に。

でも次に起きたのは朝の7時半!!

なんと生まれてはじめて7時間半も連続で寝てくれた!!

そこで抱っこで寝かしつけ、最終起床は8時。朝ごはんもいつもより食べた!

これはすごいぞ!!このまま夜間断乳成功しちゃうんじゃない!?

…と思ったわたしがバカでした。

 

4日目。

9時に就寝。その後、9時半、10時半とこまめに起き、さらに夜の2時、5時半に覚醒。

5時半のときは何度も布団に置くのを失敗し、寝かしつけに45分ほどかかる(_ _).。o○ わたしも夫もヘロヘロ。

結局寝た後4回起きました。しかもこの日はほとんど朝ごはん食べてくれず。

夜間断乳キビシーーー!!!

 

5日目。

この日は夫の実家に泊まったこともあり、寝にくかったのもあると思いますが、

就寝後、6回も起きました(_ _).。o○

結局6回目の朝の7時半に起きたとき、二人とも起き上がって抱っこするのがもはや不可能な状態で、やむをえず授乳。それで満足したルーちゃんは10時半までぐっすり寝てくれました。

おっぱいの力、偉大なり…。

 

6日目。

夜に4回起きる。寝かしつけに短いときでは10分、長いときでは30分くらいかかる。

なかなかすんなりとは寝てくれない。

 

7日目。

夜に2回起きるが、パパ出動するまでもなく、わたしの抱っこで寝てくれるように。それも5分とか10分で寝てくれた。

連続睡眠時間は6時間半。まぁまぁの好記録!

しかし朝ごはんはあまり食べず。そう上手くはいかんなぁ。

 

8日目(今日)。

4回起きる。パパ出動はそのうち1回のみ。あとはわたしの抱っこで短時間で寝る。わたしの抱っこでも寝るようになったのはよい兆しかも。

朝ごはんもまぁまぁ食べました。

 

と、とりあえずこんな調子です。

食事の量は全体的に少し増えたような気がするし、1日の授乳回数も10回以内に収まるようになってきて、進捗具合はまぁまぁといったところ。

朝までぐっすり寝てくれるようになるにはまだ時間がかかりそうですが、挫けず頑張ります!!

 

あ、あと付け足しみたいになっちゃいましたが、夫の実家に泊まった日に

はじめて自分で数秒間立っちしました\(^o^)/

まだ怖いのか、スケートはじめて滑った人みたいな中腰体勢ですけど(笑)。

歩けるようになる日が楽しみです( ´ ▽ ` )