読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【生後1ヶ月】毎日かあさんな毎日のこと。

みなさんこんにちは毎日かあさんエイミーです(っ*´∀`*)っ

 

子育ても1か月が経ち、この生活にもだいぶ慣れてきました。

ルーちゃんは毎日おっぱいグビ飲み祭り開催中でぐんぐんと成長し、

今や体重は3670g、身長は50cmになりました(*´∀`*)

もう全然未熟児には見えないよなぁ。

たぷたぷの二重顎、ぽよぽよの手足、ぷにぷにのほっぺ。

どすこいベイビーへの華麗なる転身です(笑)。

 

一か月健診後に東京の自宅に戻り、親子3人(+猫一匹)での生活がはじまりました。

おっぱいの出もよくなり、ほぼ完母でやってます。

乳首痛すぎ問題もメデラの乳頭保護器で無事解決し、いまも基本的に使っていますが、3回に1回くらいはニップルなしでおっぱいあげてます。

 

わたしのいまの生活パターンはこんな感じ(っ*´∀`*)っ

 

1日に10〜13回の授乳。先日、史上最高回数17回を記録(笑)。

昼夜のリズムをつけるために、朝の授乳後7〜8時くらいに寝室からリビングに移動。

朝はルーちゃんも起きている時間が長いので、抱っこしながら朝ごはん。

左手に抱っこ、右手だけでいろいろ作業することにも慣れました(笑)。

洗濯機を回したり、掃除機かけたり(ルンバなので床に置かれたものをどかしてスイッチ押すだけ)、クイックルワイパーで床掃除したり、コロコロかけたり。

エルゴで抱っこしちゃうとよく寝てくれるので、エルゴしながら家事したりします。

面倒なときは洗濯物は乾燥機に突っ込んで終わり。

それらの作業の合間合間にに授乳とオムツ替え。

寝たらベビーベッドに移動、寝ないときは抱っこもしくはエルゴで、

空いた時間はテレビを見たり、Huluで海外ドラマを見たり、ネットで買い物したり、大量のルーちゃんの写真を整理してフォトブックを作成したり、昼寝したり。

隙を見てお昼ご飯(パンとか納豆ご飯とか適当)。

夕方にベビーバスでお風呂。汗だくになるけどわたし一人で入れちゃいます。

買い出しはほとんど行かず。

コープで宅配を取っているので買っておいたもので適当に夕飯の準備を開始。

作るのが面倒なときには、帰りにお弁当を買ってきてと夫にお願い。

注文して当日に届くダイエーの宅配も最近使い始めました。

夕方6時を回ったら、寝室へ移動し部屋を薄暗くして授乳、寝かしつけ。

基本的にここからルーちゃんの夜の始まり。

そしていつもこのあたりで夫が帰宅。

夕方は一番ルーちゃんがグズるので、夫にルーちゃんを任せて私は夕飯の準備。

夕飯ができあがってもルーちゃんが寝ていない場合は、リビングの照明を少し落として、わたしの胡座の上にルーちゃんを寝かせながら(こうすると割と大人しくしている)一緒に夕ご飯。

お風呂の準備は夫がしてくれるので、ルーちゃんが寝たタイミングでわたしお風呂。

お風呂から出たら大人だけののんびりタイム〜とも言ってられず(涙)、またルーちゃん泣き出すので寝室で授乳。

夫はお皿洗いをし、寝室でルーちゃんの寝かしつけを手伝ったあと、リビングで就寝。

だいたい、夜の11時、1時、3時、5時、7時くらいに起きて授乳、オムツ替え。

一番辛いのが夜1時、3時くらいの授乳。わたしも眠さで意識が朦朧としているので、おっぱいあげながらウトウト。しかも上手く寝てくれなくて、そのうちまた小腹が空くのか、数十分おきにおっぱい往復することもしばしば。おっぱい枯れてしまうわ……。

5時頃になると外が明るくなってくるのでちょっと気分が楽。

そして7時半あたりに夫も起床するので、わたしとルーちゃんもリビングに移動(ときどき寝坊)。

 

という感じ。

毎日眠いのは眠いけど、案外どうにかなってます(*´∀`*)

 

でも多くの場合、子育てってもっと孤独で辛いものらしいんです。

思えば里帰り中、親戚や友人には自宅に帰ったら大変だからもっと実家でゆっくりしていけと脅され、

病院の看護婦さんにも、東京に帰ったら周りに頼れる人はいるのかとても心配された。

この前、自宅に訪問してくれた市の助産師さんにも、夫婦だけで(昼間はひとりで)子育てしてるの大変じゃない?偉いわねと褒められた。

 

確かにある友人は里帰りから自宅に帰ってからの1か月は泣きわめく我が子を抱えて途方にくれたと言っていたし、またある友人は最初の1か月まともに外出できず家に赤ちゃん二人きりだったのがとてもキツかったと言っていた。

 

だから、こんなこと言うと反感を買いそうだけど、思わずこう思ってしまった。

 

もしかしてわたし、子育てに向いてるかも(*゚Д゚*)?

 

子育て歴1か月で子育て楽しいなんて言ったら、

子育てナメんなよ!

って世の先輩ママたちに怒られそうだけど(;´∀`)

 

わたしが割と子育てが上手くいっていると思うのは、

多分大きくふたつの理由があって、

ルーちゃんが割と育てやすいタイプ(いまのところ)であることと、わたしがもともとひとりで家に引きこもっているのが好きなタイプであること。

 

ルーちゃんはおっぱいの要求はかなり多いものの、何が原因で泣いてるのかわからないみたいなことがあまりなく、おっぱい飲んだら割とすぐ寝てくれるのです。

泣く原因は、お腹が空いたか、抱っこしてほしいか、眠いか、ウンチが出そうで気持ち悪いか、オムツ替えや着替えが嫌だということ。

それが解消されれば大体機嫌よくしてくれる。

それにちゃんと寝れば多少の物音では絶対起きない。

 

一方わたしは、結婚するまで長いこと自由気ままな学生生活を送っていて、一日中誰にも会わずひとりでいるのには慣れていたし、むしろ家に引きこもって自分のペースで生活するのが好き。

だから外出できなくても、誰かと会話できなくても全然孤独を感じないんです。

きっと出産前までたくさんの人に囲まれてバリバリ働いていた人だったら、

環境の激変にもっとストレス感じるんだろうな。

 

あとひとつ、重要なことがあった!

夫が育児と家事に協力的であること(*゚Д゚*)!

うちの夫は抱っこ、オムツ替え、寝かしつけ、積極的にやってくれてます。

他にもお風呂の準備やお皿洗い、夕飯の買い物、ときどきわたしのマッサージも! 

これには予想以上に助かってます。

もし育児に無関心な夫だったらもっと精神的に辛いものがあるかも。

子どものことばかりじゃなくて、わたしの身体も気遣ってくれて、

本当にいい人と結婚したなぁと思います。

 

こんなふうに案外子育てが上手くいっているせいか、

妊娠中は、

こんなにつわりが辛いならもう二度と妊娠したくない!!

って思ってたけど、

ルーちゃんが生まれてからは、

子どもってかわいいし、しばらくしたらもうひとり欲しいなって漠然と思ってる。

喉元過ぎれば、ってやつですかね(・:゚д゚:・)。メスとしての本能でしょうか。あの辛い日々を忘れるなんて自分が怖い…。

 

あ、でももちろん辛いこともあって、

おそらく赤ちゃんを抱っこしながら立ったり座ったりしているせいで、

足腰がとても痛いんです( ;∀;)我ながらバアさんみたい。

膝と、意外にも足の裏……

もちろん腕や肩や背中も痛いんですが、

この前夫の実家にいったとき、みんなが子どもを預かってくれてわたしは整体に行ってきました。そのお陰で上半身の辛さはかなり改善!!

いまは膝をかばいながら、手をついて立ったり座ったりしています。

これからどんどん重くなっていくのに大丈夫かなぁ〜(・:゚д゚:・)