24週4日 マタニティフォトの予約を入れました。

こんにちはエイミーです\(^o^)/

 
昨日突然思い立って、今月末にマタニティフォトの予約を入れました。
まだ7カ月だし、もっと先でいいかなと思っていたのですが、というか、マタニティフォトってお腹が最大限に大きくなる臨月近くに撮るものだと思っていたのですが…
 
昨日、いろいろ気がついたのです(・Д・)
 
まず、臨月だとすでに里帰りしている→田舎なので車移動必須→ペーパードライバーなので車運転したくない→親に送り迎えしてもらうのも面倒 (しかもマタニティフォト撮るから送り迎えしてなんて言うの恥ずかしいぃ)
 
それに田舎だとあんまり素敵なスタジオないかも。
せっかく東京に住んでるんだから、都心のオシャレなスタジオで撮ってもらおうかなぁなんて突然の心変わり。
 
さらに、最近急激に成長中のタヌキのような私のおなか。
すでにどこから見ても妊婦なのは一目瞭然。
しかもヤバいことに体重も急増しつつあり…
 
この調子でもし臨月まで待ったら、
おなか大きくなりすぎちゃって逆にキレイじゃないかも(・Д・)?!
しかもまるまる太っちゃって顔パンパンとか……( ̄O ̄;)
そんな記念写真イヤァァア……!!
(↑厳しく体重管理しようという気はない)
 
幸い、いまは一番体調も安定してるし、肌の調子も絶好調。写真写りのことも考えたら、もうそろそろ撮っちゃった方がいいかも!と急遽計画変更なのであります(*゚Д゚*)
 
早速ネットで都内のマタニティフォトを撮れるお店を検索。そしていまマタニティフォトには次の二大主流があることが分かりました。
 
パターンA
妊婦がたなびくレースを身にまとい、もしくは床に寝そべったり、夫に後ろから優しく抱かれたりしながら、妊娠中の身体の神秘性を最大限に引き出すことを試みたモノクロームのアート作品のようなマタニティフォト。

http://mom-m-p-s.net/blog/wp-content/uploads/2013/07/fb-13-04-27-11.jpg

 (↓写真こちらからお借りしました)

 
パターンB
やけに白く可愛らしく作り込まれたスタジオで、妊婦はセパレートの白いドレスと多くの場合花冠を身につけ、アイドルのようなアングルで撮る、結婚式の続きのようなガーリー全開マタニティフォト。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/696/1477356/20140704_1439891.jpg

(↓写真こちらからお借りしました)

マタニティ写真 | SNOW*IN blog

 
※あの、disってないですからね…!!
 
どちらを選ぶかは、その人の好みとか、キャラとか、スタイルにもよると思うんですが…
 
パターンAは……あたい、なんか恥ずかしいイィイ(/ω\) !!
だってモデルみたいな体型でもないし、クールでスタイリッシュな雰囲気皆無だし、神秘的なアルカイックスマイル浮かべるのも気恥ずかしいぃ。
 
それならお花持ってぶりっこスマイル浮かべる方が何倍か得意だし!(←観光地で衣装を着て記念撮影コーナーみたいなやつがあるとすぐやりたがるタイプ)
でもこんな機会一生に一度かもしれないし、この際パターンA残しておくのも面白いかなぁ…
どうせ他人に披露する予定のない自己満フォトだからどっちでもいいんだけどさ。
 
…なんて一応迷ってみたものの、やはり新しい自分に挑戦することは諦め (保守的)、いつもながらのお花畑フォトでいくことに決めました。
 
私が選んだスタジオはこちら。
作り込まれた可愛らしい撮影スタジオがあるのが選んだ決め手です\(^o^)/

ちなみに最近流行りの花冠は気恥ずかしくて結婚式でもかぶらなかったのですが、これを逃すともう一生かぶる機会がないかもしれないし、この際かぶってもいいかもしれない (35歳悲壮な決意)。

 

ちなみにうちの夫は写真が苦手なので、最初から誘ってません(;´∀`)

(まだ予約入れたことすら話してない)

まぁ平日の方が安いし、ひとりの方が変な恥じらい捨てられるので、思いっきり楽しんでこようとおもいます♡