AIHの前に診察を受けに行った。どうやら私は不妊治療に通っている。

こんにちはエイミーです。

今日はレディースクリニックに人工授精(AIH)前の診察に行きました。

AIHって、この日にやりたいです。はい、では予約しましょう。その日に来てください。ってわけにはいかないらしく、AIHを受けるための相談日をその前に予約しないといけないらしいです(私の通っている病院の場合)。

 

今日は超音波で卵胞の成長具合を見て、AIHの予定を立て、卵胞の成長を助けるという注射を打ちました。

明細書に、HMG筋注用150単位「F」と書かれていたので何だろうと思って調べましたが、いわゆる排卵誘発剤ってやつでした。筋肉注射なのでちょっと痛かったです( ´△`)

HMG筋注用150単位「F」 医薬品情報・検索 イーファーマ

 

今回は排卵誘発剤打たれましたけど、わたし各種不妊検査どれも異常なしで(問題なのはフーナーテストだけ)どこが悪いってわけでもないし、不妊治療に通っているという意識が今までなかったのですが、私みたいな状態を普通「不妊治療に通っている」って言うんじゃん?とやっと今日気付きました(←なぜ今まで自覚がなかったんだ)。

 

次のAIHは10日。今日もその日も診察時間前の朝一の予約なので、院長先生が私の排卵日に合わせて無理やり予定に組み込んでくれているのだと思います。あぁ、ありがたい…

私はいまほぼ専業主婦で固定の仕事をしていないので、まめに病院に通えるし、診察日も融通がきくのですが、もし正社員で週5で働いていたら、不妊治療するの本当に大変だろうなぁと思います。子ども作るのって大変だよね。