読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗精子抗体検査を受けました。

タイミング法11周期目 妊娠にむけて 妊娠のための知識 不妊検査

いよいよ年末ですね、こんばんはエイミーです。

1年あっという間でした。年が明けたらすぐに結婚2周年なのです。。早いなぁ。

 

この1年、一体何をしていたんだ私。(←最近毎年思っているけど)

 

先日の日記に書いた件ですが、早速精子抗体検査を受けに行きました。

いつも行っている近所のレディースクリニックで受けられました。

血液検査で、1〜2週間で結果が出るそうです。費用は5千円かかりませんでした。

 

もし万が一、この検査で引っかかったら…

残るは体外受精だけになってしまいます。私としてはもう子どもができるのであれば、どんな方法でも構わない、と思う反面、底なし沼に足を踏み入れるような不安感。。

体外受精が日本で始まって30年。今や年間出生児の32人に1人は体外受精で生まれる時代になった。だが、女性にとっては採卵やホルモン治療が必要で心身の負担が大きい上、保険がきかず、1回数十万円と高額な医療でもある。


体外受精児30万人…長期的な影響調査 必要

つまり、体外受精が始まってから、まだ30年分のデータしかないわけだし(例えば体外受精で生まれた子どもはまだ皆30歳未満なわけで、その子が歳をとったとき何かの病気のリスクが高まるかどうかは現時点ではわからない)、もちろんお金もいっぱいかかるし、成功確率だって25%程度らしい。(1回50万円かかるとして、4回試したら200万円が飛ぶ!!)

 

そう考えたら、体外受精なんて本当はしたくはないけど、このまま何となく原因不明で妊娠しない状況が続くのなら、はっきり精子抗体はあります!(←あ、言い方が不謹慎か?)と言ってくれた方が覚悟が決まるからいいような悪いような。。

 

ちなみに本日生理予定日3日前、フライング検査結果はいつも通り陰性です!!

この妊娠検査薬ってやっぱり不良品じゃね!?(←因縁)