読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工授精の予約を取ってきた。

まだ今回の結果が出たわけではないのですが、

前回リセットしたときに、院長先生との人工授精の相談の予約を入れておりまして(人気があるのでかなり先の予約しか取れない)☟この件

リセット。もう不妊の階段登ってしまおうか。 - Aimeeの妊娠出産育児研究室

やっと院長先生に相談にいけました。

 

我が家の場合、今のところ、検査をしても精子にも卵子にも特に異常はないのですが、人工授精を試してみたいのだと先生にと言うと、すんなり話は進み、次回の排卵日のあたりに人工授精をすることになりました(o´_`o)

 

費用を聞くと、人工授精自体は保険外で1万円くらい、その他エコーなどのお金がかかって、2万円ほど用意して下さい、と言われました(多分病院によって少し値段は違います)。

 

正直、人工授精って高いんだなぁと思いました(笑)。

でも、体外受精や顕微授精はきっともっと費用かかるんだよね。それを考えたら、不妊治療を続けるのって、金銭的にも精神的に結構ヤバいなと思いました。

想像してみる。もし自分が子どもを授かりにくい体質で、毎月毎月高い治療代や検査代を払って、それでも全然授からなくて、それなのに周りの友人達がポンポン子ども産んでるのをみたら・・・

 

思わず呪いそうだよね(笑)

おめーら、犬猫みたいにポンポン子ども産みやがってYO!少しは遠慮しろや!と。

 

いや、ただの想像ですから!わたしまだ誰も呪ってません!!ヾ(゚Д`;≡;´Д゚)ノ゙

想像でも暴言吐いてごめんなさい!!

 

でももし子ども授かれない状況があと数年続いたら・・・

やっぱり呪っちゃうかもなぁ・・・(笑)←笑えん。

 

ところで、人工授精ってよくAIHっていうけど、

これってArtificial Insemination of Husband (夫による人の手による授精)の略だって。

もし夫の精子に何らかの問題があり、ドナーの精子を使う場合は、

AID= Artificial Insemination of Donor(ドナーによる人の手による授精)と言うらしい。

 

人工授精についてのリンク☟


人工授精の方法・確率・費用 [不妊症] All About

 

一応、前もって知っておくべきは人工授精の副作用について。

■多胎妊娠
排卵誘発剤を使った過排卵刺激法を併用した場合、多胎率が上昇します。多胎妊娠は単胎妊娠に比べ医学的に合併症の頻度が高く(母児共に)、また、経済的に負担もかかり、社会的にも周産期医療現場が破綻している現状では、可能な限り避けるべき妊娠と考えます。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
排卵誘発剤を使った過排卵刺激法により一度に多数の卵胞が発育する結果、卵巣が腫れたり腹水がたまったり、場合によっては血栓を生じたりすることがあります。

■出血
カテーテル挿入の刺激で人工授精後ごく少量の出血を認めることがあります。

■感染
まれに子宮や卵管、腹腔内に感染を誘発することがあります。よってクリニックによっては人工受精後、1~2日間の抗生剤投与を行うところもあります。

 

 私の場合、排卵誘発剤は使わないから、おそらく上の2つは起こらないとは思う。そもそも、人工授精っていうのは精子を普通にセックスで入れるか、取り出して人の手で注入するかの違いしかないから、特に大きな副作用はないよね。

 

ということで、来月人工授精の一応の予約は取ったのですが、とりあえず今回の結果発表が先・・・

ようやく明日生理予定日4日前になるので、恒例のアレ、始めます(笑)

本当にもうそろそろ、木村さんが本領発揮してもいいと思う・・・

f:id:aimee33:20140831175535j:plain