不妊検査に行ってきましたレポ(超音波検査・卵管通気検査・血液検査)

さてさて、不妊検査から無事帰還しましたエイミーです。
 
f:id:aimee33:20140908110838j:plain
スーパーのザクロジュースを買い占めるの図。パンフレットは今日もらってきたやつ。
 
 
 
不妊検査をすると決めてから、ネットを飛び交う(めちゃくちゃ痛い)という感想にずっとビビっていたものの、もう逃げも隠れもできないのであります。私、ファイト!
 
ってことで、今日の検査は初めての院長先生です。穏やかで上品な雰囲気の小柄な女性の先生でした。
口調もゆっくりで、丁寧に説明してくれます。いい先生っぽい、って一瞬で分かります。
 
生理が終わった今は、低温期という期間。この期間には卵胞が育っているか見るのにいいタイミングだから見てみましょうね、などという説明を受ける。
 
隣の部屋に移動し、レギンスとショーツを脱ぎ、ワンピースにノーパンという状態で、例の椅子に座ります。

f:id:aimee33:20140908112806j:plain

これこれ、こういうやつ。画像はお借りしました。

http://www.inou-cl.com/original.html

 

カーテンがかかっているので向こう側は見えませんが、先生と看護婦さんが数人いるみたいな雰囲気。みんな女性でした。

椅子がグイーンと上がって、後ろに倒れ、両脚が開きます。もう、降参ですって気分(笑)。

 

それから何かが入ってきた感触がしました(すごい漠然とした説明笑)。頭上にあるモニターにモノクロの映像が映ります。

「うん、ここにあるわねー、たまご。育ってるわねー」

と独り言みたいな院長先生の言葉。先生は黒い豆のような影に印を付けます。

 

f:id:aimee33:20140908113827j:plain

画像はイメージです。こちらからお借りしました。

http://www.matsusaka.saiseikai.or.jp/art/sterilitas/choonpa.html

 

あとでもらったパンフレットで調べてみたら、どうやらこのときやっていたのは超音波検査(エコー)ってやつらしい。膣の中から超音波を当てて卵胞の状態を調べていたようです。

 

このときの私と言えば、

私ちゃんと、たまご産んでる!!!(なんかニワトリみたい!!)

と画像の黒豆を見て、変に感動してしまいました(笑)。
 
そのあと、卵管通気検査というものをしました。炭酸ガスを子宮内に送り、卵管内の圧力や緊張状態を見る検査、だそうです。
事前に聞いていたのは卵管通検査という、水を通す検査だったのですが、それは通気検査で上手く状態が分からなかった場合にやるものだということで。
 
「痛くないですか?」「大丈夫ですか?」「具合悪くないですか?」と何度も聞かれたので、多分、これ痛い人はすっごい痛いし、具合悪くなる人もいるんだと思います。
幸い私は、何か身体の中に入ってるという違和感と、軽い生理痛みたいな痛みしか感じなかったので(ああ、ジーザス!!)本当によかったです(涙)。
先生からも
「両方ちゃんと通ってますね!」
とのありがたい言葉をいただきまして、(やっぱりね!だって私、生理順調中肉中背健康体だもの!)と自信を回復することができました(笑)。
 
その後、いろんなホルモンを調べる血液検査のために採血して終了です。
 
検査後、若干生理痛みたいな感じ。でもそんなにひどい痛みじゃなくて一安心。あ、少し出血ありましたが、たいしたことないです。
 
今日のお会計は。。。
 
11,080円也(高っか((( ;゚Д゚)))!!!)*1
一部保険が利かないらしいので、(私の予想だとエコーと通気検査?)こんな値段になった模様です。まぁ仕方あるまい。ちゃんとたまごを産んでいる身体だと分かっただけで御の字。
 
次は今週末に、血液検査の結果を聞きにいくのと、タイミングが合えばフーナー検査をする予定です。
 
ちなみに一枚目の写真のピンクのパンフレットは
「どうしたら妊娠しやすくなりますか?」
というド直球の私の質問に、「当たり前のことしか書いてないんだけど・・・(笑)」と笑いながらくれたものです。
先生はそうおっしゃったものの、妊娠の仕組みや不妊の原因、不妊症の治療法などが写真やグラフなどとともに詳しく載っていて、とても分かりやすく勉強にはもってこい!いい教科書をタダで手に入れることができて、今日一番にテンションが上がる私でした。(これでこそエイミーの妊娠研究室の醍醐味だよね!)
あとで役に立ちそうなことはまとめてブログにアップします。
 
でも、もし夫にも私にも問題ないとしたら、何で妊娠しないんだろうなぁ・・・?

*1:不妊検査の料金は病院ごとに結構違うみたいです