子宝祈願のお参りをしました

GWなので福岡の方にちょっと旅行に行ってきました。

ちょうど排卵予定日だし(?)時間もあったので、
 
「子宝祈願にでも行こうか?」
 
ってことになりました。
ネットで神社を調べてみると、福岡では宇美八幡宮というところが有名みたい。早速夫とお参りに行ってまいりました。 
 
f:id:aimee33:20140429193503j:plain
 
天然記念物の大きなくすのきがこんもりと生えていて、守られているような気持ちです。
 
宇美、は、産み、ともかかっていて、
私たちのような子宝祈願の夫婦、安産祈願、子どもが生まれた後のお宮参り、子どもの健やかな成長を願う人たちでいっぱい。
赤ちゃんを抱っこした人がたくさんいるちょっと不思議な空間です。
 
f:id:aimee33:20140429194410j:plain
 
お守りを買おうとしたら、
 
「子安守りはお子様がいる方のお守りです。子宝祈願はご祈祷を受けて下さい」
 
とのことだったので、祈祷料5000円をお支払いし、ご祈祷していただきました。
 
この神社で有名なのは子安の石というもので、この神社の石を持ち帰って無事子どもが生まれたら、石に子どもの名前を書き、もうひとつ別の石を持って再びお礼にここを訪れるというもので、子どもの名前の書かれた石が山のようにあったのですが、
f:id:aimee33:20140429194937j:plain
祈祷していただいた神主さん曰く、
 
「あれ、みなさんあそこの石を持っていかれるんですが、本物の子安の石じゃないんですよ。みなさんが削って持って行っちゃうので今はこちらに隠してあるんです」
とな(。・w・。)!!
 
ご祈祷のあとに秘密の扉を開けて入らせてくれました。どうぞ座って下さいと言うので、ありがたく座らせていただきました。なでなで。お腹もなでなで。
 
神主さん曰く、むかしある農民がこの石にまたがったところ身籠ったので、子安の石になったそうです。
私もどうか身籠りますように。゚(゚^艸^゚)゚。
 
 
絵馬は安産祈願だったので書きませんでしたが、境内にかかっている絵馬をのぞいてみると
 
f:id:aimee33:20140429200237j:plain
 
「無事元気な子が生まれますように」
「元気な子が生まれました。ありがとうございます」
「これからも元気に育ちますように」
 
数え切れない大勢の人たちの心からの願い、未来への希望がいっぱいつまっていて、思わず目頭が熱くなってしまいました。
 
最後におみくじを引いてみましたが
 
末吉(ノω;`)
 
引かなきゃよかった(笑)
でも、ちょっと時間かかるけど必ず幸せはやってくるよ、って内容でした。
 
気長に幸せを待とうかな。